2018年5月22日火曜日

Salam Ramadhan!

《お知らせ》

卒業に向けてのモニターレッスン受講者様を募集いたしております。
詳しくは ⇒ こちら

==========================

5月17日から、マレーシアではラマダンが始まった。
マレーシアだけでなく、世界中のムスリムが一斉に日中の飲食を絶つ1ヶ月である。

日本の方には、ラマダンがあまりお馴染みではないと思うので
今日はマレーシアのラマダンについてご紹介しようと思う。

ラマダン(断食月)はムスリムにとって、とても大切な月である。
礼拝、巡礼など、ムスリムが必ずしなければならない宗教上の義務が五つあり
その中の一つが断食である。


ラマダンは単に、「日中飲食禁止」だけの月ではない。
本来の意味は、「欲望を節制し、持てるものに神に感謝し、分かち合う善行を積む」
聖なる月なのだ。

日の出から日没まで、食べ物だけではなく、水も一切飲んではいけない。
日中の性行為も禁止。

日没と同時に、断食は解除となる。
マレーシアでは午後7時30分前後が断食解除の時間。
この時間までに夕食を用意し、各自目の前に食べ物をセットし
テレビやラジオで断食解除のアザーン(礼拝の呼びかけ)が流れるのをじっと待つ。
まさに「おあずけ」状態で、断食解除までの数分が異常に長く感じられる。


食べられないのは辛くないですか?とよく聞かれるのだが、
辛いのは最初の1週間だけで、あとは胃が小さくなってしまうので
それほど空腹は辛くない。
むしろ飲めないほうが辛いのと、食べ物が身体に入らないと
エネルギーになるものが無いので、エアコンが異常に寒く感じるのが辛い。
つくづく、食べ物は身体を動かす大事な燃料なのだと感じた。


ムスリムは大体学校に上がるくらいの年齢から
少しずつ断食に慣れさせてゆき、小学校高学年になると
ほとんどの子がラマダンの断食をコンプリートしている。


ムスリムにとって断食は大切な行の一つだが
例外もあり、妊婦、産婦、けが人、病人、幼い子供、老人などは
断食をしなくても良いことになっている。
また、戦闘中の者、旅行中の者も断食をしなくても良い。


ラマダン中は朝早く起きて朝食を取り、日没と共に夕食となる。
朝食は5時半ごろまでに食べなくてはいけないので
私も朝4時起きで朝食の準備をしている。

寝てしまうと、もう起きられないので、朝食後そのまま起きていて
ストレッチとエクササイズの時間に当てている。
その代わり夜が眠くてたまらず、今まで夜ブログを綴っていたのだが
耐え切れず眠ってしまうこともしばしばだ。


ブログの投稿が途切れがちになったら
ああ、力尽きて寝てるなと思っていただきたい。(笑)


ラマダンは始まったばかり。
また少しずつ色々とご紹介していけたらと思う。



マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana





                                         Ketupat(ケトゥパット)
          マレーシアの粽(ちまき)のようなもの
          ラマダン後のお祭りの時に食べる

2018年5月20日日曜日

モニターレッスンのご案内

本日は、モニターレッスンのご案内をさせて戴きます。

Asami-Parisのコンサルティングを受け
半年間ひた走って参りましたが
卒業まで残り僅かとなりました。

私は元々、ハイヒール愛好者ではありませんでした。
憧れてはいたものの、外反母趾ということもあり、
普段はフラットシューズを主に履き、時々仕事で5センチのヒール。
唯一持っている8センチのヒールは
お出かけ用にしまいこんでいる有様でした。


たまに8センチを履くと、1時間もしないうちに痛くなり
私にはハイヒールは無理なのかと、がっかりすることの繰り返し。

それでもハイヒールを美しく履いてみたい。
そして人に教えられるようになりたい。
そう思って飛び込んだコンサルティングです。

今、私は10cmのピンヒールが履けるようになりました。
憧れだったハイヒールは、今や私の大切なパートナーなのです。


今度は私が、ハイヒールで美しく歩きたいと思っている方のお手伝いをする番です。
ハイヒールを憧れで終わらせず、ぜひあなたの日常のパートナーにして下さい。



<モニターレッスン>

日時: 2018年6月10日(日)

場所: マレーシア スランゴール州 アンパン周辺
(ツインタワーより 高速道路で20分程度)

時間: 90分(準備等を含め 全部で120分程度)


レッスン内容: ハイヒールで美しく歩くためのストレッチ
        素足のエクササイズ
        ハイヒールを履いての実践レッスン 
        女性性を高めるための上半身のストレッチ

募集人数:先着1名様のみ


ご希望の方は、お名前、ご希望の時間帯を
こちらのメールアドレスまでご連絡ください。
nana.subrosa@gmail.com


※募集はマレーシア在住の方に限りません。
ご旅行などで、マレーシアに滞在中に
受けてみたいと思われる方がいらっしゃいましたら
6月10日前後でしたら調整可能な場合がありますので
まずはご連絡をお願いいたします。



モニターレッスンに関するお問い合わせも
お気軽に上記のメールアドレスまでどうぞ。
ただし、先着1名様ですので、決まり次第募集を締め切らせていただきます。
予めご了承ください。


貴女からのご連絡を、心よりお待ち申し上げております。


マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana













人生の決断

先日から3回に渡って、私がマレーシアに住むようになったきっかけを綴ってみた。

「外国に移住するなんて よく決断しましたね。」
「勇気がありますね。」
と よく言われるのだが、私にしてみれば
移住した動機は、知らない世界を見てみたい。
という好奇心が一番大きかったような気がする。


今、思い切って日本を飛び出してしまうか。
あるいはリスクを避けて、日本に住む道を選ぶか。

私が選んだのは飛び出すほうであった。
(私は多分に無鉄砲なので、決してお勧めはしないが)
飛び出した後、決して順風満帆だった訳ではなく
外国に住むという現実と、日本では予想不可能なハプニングに何回も襲われ
正直、飛び出したことを後悔したこともあった。

だが、どう考えても、リスクを避ける、という選択は無かったと思う。
もしあの時、思い切って飛び出さなければ
そちらのほうがずっと後悔が大きかっただろう。



人生には重大な岐路がいくつもあり
選択を迫られる場面もある。
私が心がけていること。それは

ー 死ぬ間際の私が、今の私を見た時に
今私がしようとしている選択をどう感じるだろうか -

という視点で、未来の私から今の選択を見てみること。

私は、理想の死に方を決めてある。
それは、死ぬ間際に人生を振り返って、
「色んなことがあったけど、まあまあ面白い人生だったわ。」
と、笑って死ぬ。というものだ。


少々風変わりな考え方かもしれないが
死ぬ間際の未来の私が、ああ、あんなこともあったわね。
大変なこともあったけど、いい経験だった。
そう思えるような選択なら良しとする。

そうすると、例えば、人を陥れたり、人の言うままになったり
そんな選択は自動的に外されてくる。
自分にとって、何が最善か。
人のためでなく、自分が生きる上で、最高の選択を自分に与えると決めるのだ。


そして、一旦何かを決めたら、その決断に誇りを持つこと。
何が起こっても、自分の決断に誇りを持ち
あの時 ああすれば。あの時 人がああ言ったから、という後悔は
断固として遠ざけることである。


人間は誰一人、未来の事は分からないのだ。
決めて、行動することでしか未来は作られない。
もしも、途中で進退窮まったら、再度選択、決断して
行動すれば良い。
人生はその繰り返しなのだから。


人事を尽くして天命を待つ


これは不変の真理だと思う。
そして、人事を尽くすには、まず決めることである。
誰のためでもない、自分のために。



そうは言っても、色々な事情があり
自分の状況を考えると、決めること、行動することを躊躇してしまう方へ。
最近、私が実行していることは、


意識のベクトルを定めること。


諸事情や、タイミングや、その他諸々のしがらみで
即行動に移せない時。
まずは自分がどうするのか
意識の方向性を決めてしまうのだ。

スポーツの競技でも、ダンスでも、まず目線を定めなければ
その方向に動けないのと同じだ。
とにかく頭の中、意識だけでも こっちの方向へ行きたいと意識する。


そうすると、不思議なことに定めたベクトルの方向に進むような
出来事が起こったり、情報が入ってきたりする。
これは私自身が実証済みなので、小さなことで良いから
意識のベクトルを定める訓練をしてみることをお勧めする。


これは誰にも知られず、お金も掛からず
いきなり行動することのリスクも無い。
そうか、では試してみようとやってみる人
そんなこと言っても。と、やらない人
どちらが自分の未来を切り開けるかは明白である。


ちなみに昔の私は、寿命を75歳に設定していた。
50歳になった今は、75歳寿命などとんでもなくて
100歳まで生きる気満々だし、そのうち80代までは
元気にハイヒールを履くつもりでいる。


一度きりの人生
どう生きるかは100%自分次第。
死ぬ時に面白かった!と笑って死ねるようやりたいことをやる。
破天荒上等。

こう思えば、全ての決断は怖くない。
これが、私流の決断の奥義なのである。


マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana



















Salam Ramadhan!

《お知らせ》 卒業に向けてのモニターレッスン受講者様を募集いたしております。 詳しくは ⇒  こちら ========================== 5月17日から、マレーシアではラマダンが始まった。 マレーシアだけでなく、世界中のムスリムが一斉に日中の飲食...